2015年7月17日金曜日

福岡予選とTRAPSコンセプトチェンジについて


 
 
こんばんは。カルカソンヌTRAPSの小川です。先日は福岡にてTRAPS2度目の主催となる予選会を行いましたので、ご報告いたします。
 
福岡県糸島市の筑前前原にある公民館にて開催。参加者は8名でした。熊本予選で負けた人や、九州最大の都市である福岡に潜むカルカソンヌプレイヤーの参加を期待しましたが、16名どころか10名にも及ばず。残念。
 
この日はメビウスママさんが遠路はるばる駆け付けてくださりました。今年のメビウスママさんは全国の会場に出来る限り顔を出すという目標を掲げているそうで、今回が20都市目の訪問だったそうです。メビウスママさんには夕食もご一緒していただき、とても嬉しかったです。
 
 
 
 
 
さて、試合はスイスドロー4回戦のみの形式でした。
 
 




 
 
 
結果は4勝0敗で名古屋から飛んできた愛知TRAPSレイが出場権を獲得。2位は3勝1敗で、福岡TRAPSのやのっちでした。この1敗はレイによって付けられたもので、実質2人の勝負になってました。
 
 

 
今回はレイも僕も長く福岡に滞在していたので、福岡TRAPSのメンバーとより友好を強める機会となりまして。
 
 
合言葉は
 
「愛知7人目の出場者じゃなくて、
福岡1人目の出場者だから。」
 
 
福岡メンバーの想いを託され、福岡メンバーの分も闘うことをレイが誓って、福岡を後にしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
TRAPSは結成9ヶ月のひよこ軍団ですが、予選を2回主催、出場者を5名輩出(木更津予選次第で6名~8名になるかもです)、これらをできただけでも、健闘できた一年だったんじゃないかなあと思います。
 
 
 
実は福岡、このTRAPSを結成するきっかけとなった、僕がカルカソンヌに出会った場所だったりします。去年の10月に僕が福岡に仕事で伺った際に、マッケンとやのっちに教えられたのが始まりなのです。写真はTRAPS結成当時の朝、今回のお別れの朝です。
 
 
 








やのっちとマッケンのおかげで僕はカルカソンヌを知り全国に仲間を増やし、みんなで遠距離ながら楽しい時間を過ごせて、2人には感謝して止みません。そして、こんなにも沢山のメンバーに恵まれて、みんなにもありがとうと言いたいです。みんなが居なければ僕もここまでカルカソンヌ楽しくやれていたか分かりません。
 
 
 
 
 
最後に、さらっと書いちゃいますが、
この度TRAPSは方針チェンジと言いますか、

あんまりブログやTwitterを
更新しないことにしました。
 

 
方針としても、

「全国規模のゆるーく
カルカソンヌしている集団。
一部は競技レベルで
各自がんばってまーす。」
 
くらいの感じで。
 
 
 
勢力図を変えるという
最初に掲げた目標に関しては、
「勝ってから言え」ってことで、

一部の強くなったメンバーが
凌ぎを削り合って

いつか実現したら
その時はその時で、
ってくらいで。

これからは
カルカソンヌの振興に寄与
っていうのも特に意識せず、
いきたいと思います。
 
 
 
 

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。 
 
 
 
 
小川光一